東京都中央区の探偵・興信所

無料電話相談:0120-4166-08【相談無料】年中無休・24時間受付

浮気から離婚のパターン

浮気から離婚へ発展するパターン

浮気から離婚へ

浮気が原因で離婚を言い出す場合、いくつかの特徴があります。

すべてが浮気であるというわけではありませんが、共通した態度がありますので、一番典型的なパターンをあげてみました。

浮気チェック表
不倫調査・離婚調査

1. 離婚の宣言

  • 突然、離婚したいと言い出した。もう離婚を決意しているようである。
  • 相手の言う離婚の理由は”性格の不一致”。
  • やり直しの話しには応じず、まともな話し合いができない。

2. 外泊・朝帰り

  • よく考えてみると、最近、出張や外泊が増えた。または帰宅が遅くなった。
  • 行動パターン、生活態度が変わってきていることに気付いた。
  • しかし、修復に向けた話し合いには応じない。

3. 生活費を入れない

  • 離婚に応じなければ生活費を入れないと言い出す。
  • 徐々に減らしてくることが多いが、給料振り込みの口座を変更してしまうことも。
  • 浮気相手との行動で出費が増え、使えるお金を欲しがるようになる。

4. 別居の宣告

  • 家を出ると言い出す。
  • 自ら家を出て、浮気相手と生活を始めようとするケースが非常に多い。
  • 生活費の問題や証拠収集のためには、別居には応じないのがベスト。

5. 家出

  • 住所も教えずに家を出る。または、帰ってこなくなる。
  • 会社に泊まっている、カプセルホテル暮らしをしているなどの言い訳。
  • 家を出てしまうと、やり直しの道を探ることは非常に困難。

6. 対処と今後の方針

  • ここまで来たら、円満解決は困難です。
  • もはや遊びでは済みませんから、慰謝料請求や調停などの手続きが必要でしょう。
  • 離婚する、離婚しないは別として、きちんを証拠を押さえておきましょう。

↑ PAGE TOP